透明封筒とは

透明封筒とは、その名前が表している通りに、中身が丸々透けて見える封筒のことで、別名をOPP袋やビニール封筒やクリア封筒やフィルム封筒などと、かなり多くの名前で呼ばれています。
透明封筒はポリプロピレンという樹脂で作られていて、主な特徴としては、水に強い、破れにくい、伸びにくいなどがあります。
OPP封筒は、一般的に使用されている紙製の封筒よりも丈夫に作られていますが、両サイドに限定すると裂けやすいので、その点には注意して利用するようにしなければいけません。
OPP封筒と言う呼び方は、英語のOriented Poly Propyleneを略したもので、その原料になるものからそう呼ばれています。

透明封筒は、最近ではカタログやダイレクトメールを入れて送る封筒としてよく使われていて、その理由は透明封筒は紙封筒とは違って、一見して中身が見えるためには、宣伝広告や販促の目的で利用するにはもってこいのものとなっていて、開封率を上げるためには最高のツールとして注目を浴びてきています。
また透明封筒にはOPP封筒の他にもCPP封筒と呼ばれるものがあって、その原料自体はOPP封筒と一緒ですが、CPP封筒の方が丈夫で裂けにくいという特性を持っているため、重くて分厚い商品カタログなどを入れる封筒には、OPP封筒でなくCPPの透明封筒が利用されることも多くなっています。
CPP封筒が丈夫である理由は、その製法にあると言われていて、OPPの方は熱を加えて引き伸ばして作られるのに対して、CPPは伸ばさずに作られていて、CPPはOPPより厚みがある分強度が強くなっています。

また透明封筒には、両面が透明なタイプと片面のみ透明なタイプの2種類が用意されていて、両面が透明な場合は封筒自体には文字を書き込むことができないために、宛名シールなどを利用しなければなりませんが、片面が白色になっているものは、鉛筆やボールペンなどで直接文字を封筒に書き込むことができるようになっているという利点があります。
そして透明封筒を特注する場合は、片面を白色にすることができることはもちろん、表面に自由に好きな色を付けることもできるようになっていて、文字やデザインも自由に入れられるようになっているので、ビニールの封筒だとしても高級感を出すことも可能です。