OPP封筒とCPP封筒の違いとは

最近では非常に便利に利用されている透明封筒ですが、正式に業界ではOPP封筒やCPP封筒と呼ばれていて、それぞれに様々な違いがあります。
OPP封筒とは、Oriented Polypropyleneを略した言葉で、日本語では2軸延伸ポリプロピレンとなり、その材質となるポリプロピレンを、タテとヨコの2方向に延伸して、透明なフィルム状にしたものです。
フィルム自体は延伸してあるので、強度があり引っ張ってもほとんど伸びないという特性を持っています。
しかしフィルムの接合部分は裂けやすいので注意が必要です。

これに対してCPP袋は、英語のCast Polypropyleneを略した言葉で、日本語では無延伸ポリプロピレンとなります。
CPP封筒は丈夫で裂けにくい透明な封筒で、OPP封筒に比べて縁が裂けにくくなっていて、粘りがあって、手で触った感触は滑らかでパリパリしないのが大きな特徴です。
見た目的にはOPP封筒に比べて若干透明度が落ちてしまいますが、OPP封筒よりも柔らかくて、引っ張ってみると伸びるようになっています。

またOPP封筒もCPP封筒もヒートシール性がありますが、OPP封筒よりもCPP封筒の方がヒートシール性に優れていると言われています。
OPP封筒もCPP封筒も基本的には同じ種類の封筒であり、材質的にも全く同じものとなっていて、専門家が見なければその違いに気付く人もいないと思いますが、それぞれに微妙な違いも大きな違いもあるので、使用する時にはそれぞれの特性を考えて選ぶようにして下さい。