透明封筒の流通について

透明封筒は以前に比べていろいろな分野で利用されるようになり、かなりの種類のものが流通しているので、どの大きさや種類の封筒を選んでいいか悩んでしまうという場合も多いと思いますが、透明封筒が広く流通している分、どのような封筒を選べばいいのかはインターネットなどを利用して少し調べれば簡単に分かるようになっています。

一般的に流通している透明封筒の中に入れる大きさは、書類などの用紙類であればA4サイズとなっていて、A4サイズの用紙を入れるのに最低な大きさの封筒は角2封筒となります。
角2封筒は紙製の袋を参考にしてもらえばすぐに分かると思いますが、A4サイズの用紙も冊子も入る最も定番な大きさの封筒となっています。
それでは大きいという場合は、A4を二つ折にしたA5サイズの封筒や、角6サイズの封筒がおすすめとなりますが、透明封筒はカタログやダイレクトメールを折らないでそのまま入れるケースが多いので、やはり最も流通している透明封筒のサイズは、A4をそのまま入れられる大きさの封筒ということになります。
A4以外に多いのがB5サイズになりますが、B5サイズがそのまま入るのは角形3号の封筒になるので覚えておくといいでしょう。

また透明封筒は用紙やカタログ以外にも、衣類などの商品を入れるために幅広く流通していますが、商品を入れる目的で透明封筒を購入する場合は、商品に合わせて封筒のサイズを選ぶのが最も安全な方法になります。
最近ではインターネット上でも透明封筒が安く販売されていますが、この場合は事前にサンプル品などを請求して、実際に商品を入れてみてから注文を入れることをおすすめします。