透明封筒の特徴について

透明封筒にはいろいろな特徴がありますが、透明封筒の一番の特徴と言えば、透明度が高く中身が見えるようにできているというところです。
中身が見えることを利用して、透明封筒はいろいろな用途に使用されています。
また透明封筒は紙製の封筒に比べて、手で何回も触っても強度が強く変形しにくいというところも大きな特徴で、もちろん何度も中身を出し入れしたり、極端な力を加えれば変形することもありますが、しわになりにくいという嬉しい特徴をもっています。
したがって中に洋服や本などの商品を入れても、長く美しく商品を保護できるようになっています。

また透明封筒は紙製の封筒とは異なり水に濡れても大丈夫なところも大きな特徴で、水の中に完全に浸水させてしまうと中の商品などにも影響があるかもしれませんが、多少の雨などは全く問題ありません。
透明封筒は防湿性も高いので、中身を湿気から守ることができるようになっています。

透明封筒は環境にも優しいという特徴があり、透明封筒の材料にもなっているOPPにはポリ塩化ビニルのように塩素を含んでいないため、ゴミ焼却時にダイオキシンが発生しないというメリットがあります。さらに透明封筒には紙と同じように印刷もできるようになっていて、片面にでも両面にでも自由に文字やデザインを入れられるようになっています。
またフィルム自体にも色を全体的に施すことができるようになっているので、安っぽいビニールのイメージを高級に変えることもできるようになっています。

参照記事:透明封筒・ビニール封筒の専門店