ビニール封筒のメリット・デメリット

ビニール封筒の一番のメリットと言えば、中に入れたものが外から見えるということになります。
これは商品を販売する時には大きなメリットで、袋に入れたままの状態で中身をアピールできるということは、商品を保護したままの状態でディスプレもできることになります。
例えば本屋さんで商品を汚したくない場合はOPP封筒を利用すればそれができることになり、今では多くの本屋さんでOPP封筒を実際に利用しています。
また最近では透明封筒をカタログやダイレクトメールを送る時に利用するのが目立っていて、それが届いた時に中身が見えるということは、開封率を上げることにつながり、購買率もアップさせることができることになります。

このように中身を見せられるのがビニール封筒の大きなメリットであるわけですが、中身が外から見えてしまうということは、場合によっては大きなデメリットにもなってしまいます。もちろん極秘の書類などを透け透けの状態で運ぶわけにはいかないし、一般的に封筒の中身を見せたまま歩きたい人の方が少ないと思います。

その他のビニール封筒のメリットには、防水性が高いとか、単価も郵送コストが安いなどがありますが、デメリットに関しては、書類などを入れない時には安定性がないとか、ただの透明の袋の場合はそれ自体が安っぽく見えてしまうなどということがあります。
もちろんビニール封筒を利用するか、紙製の封筒を利用するかはその人の自由なので、それぞれのメリットとデメリットを考えて活用するようにして下さい。